メールでのタロットリーディングの鑑定例です。

お客様からのご了承を得て掲載しています。

(プライバシー管理の観点から一部文章を変えています。)

《ご依頼内容》A様

 

先日彼と喧嘩をしてしまいました。

二人とも感情的になり、私も思ってもみないことを彼に言ってしまい、険悪なまま今を迎えています。

彼とは別れることになりますか?

 

 

《メール鑑定》

 

 

A 様

 

 

 

お待たせを致しました。

 

 

タロットのリーディングの結果をお送り致します。

この度は、A様と彼の今後についてリーディングをいたしました。

 

画像は別にいたしましてお送りしております。ご覧いただけない場合はご連絡下さいね。

 

 

前後3ヶ月くらいの期間を目処にリーディングをしています。

カードの並びからご説明を致しますね。

 

 

1 真ん中のカードは現在を表すカードです。

 

『ワンドの5』〜闘争

 

このカードは、闘争を意味しています。

先日お話しをいただきました彼との口喧嘩という意味合いもありますが、

これは誰かとの闘いというよりも、

ご自身のお気持ちとの葛藤の意味合いが高いように感じます。

 

2 一番上のカードは顕在意識(自覚できる意識)を表すカードです。

 

『塔』

 

☆これは、表面上に出てくる顕在意識です。

 

彼との関係に少しお疲れなのでしょうか。

『いっそのこと壊してしまおうか』という感情、そこから逃れたいという感情。

でも少し待ってください。

 

 

3 一番下のカードは潜在意識(無意識の領域)を表すカードです。

 

『ワンドの2』支配

 

自分のお気持ちは彼にお伝えになりましたか?

今、A様が思っていらっしゃること、感じていらっしゃることは彼はご存じないのではないでしょうか?我慢しなければいけない、言わずに黙っておいたほうがいい…

 

その押さえつけられた感情が、現在の状況を生む原因の一つとなっているようです。

 

A様の本心と彼に伝えた言葉にギャップは生じていませんか…?

 

 

4 一番左側のカードは、近い過去を表すカードです。

 

『ワンドの5 strife』

『これは喧嘩・口論・闘争』などを表すカードです。

まさに…その通りではあるのですが…、先日の彼との喧嘩がこちらに現れています。

A様にとってはもちろんではありますが、彼にとってもこれは日常的な喧嘩とは違う、

一つの大きな出来事になっているのではないでしょうか。

 

 

5 4のカードの反対側にあるカードは、このままで過ごした場合の近い未来を表すカード

 

『月』

彼との間に、一種の禊のようなことが起きるかもしれません。

気持ちを根底から試されるような体験、嘘か本当かを分かってゆく過程。ご自身の中の、ある種の『覚悟』を試されることがありそうです。

彼を本当に好きか、お互いの想いは本当か、そこに偽りかないか。そこをしっかりと見据える、理解してゆく流れとなります。

 

 

6 右側に縦に並ぶ列の一番下のカードは、A様の現在の状況を表すカードです。

 

『LOVE』

 

彼を本当に愛していらっしゃるのですね。

今感じている怒りは、愛しているからこその感情と言えます。

愛というのは、明るく楽しいことばかりではなく、時に苦痛や葛藤を伴います。

ご自身の今の感情を責めずに、受け止めてあげてください。

 

 

 

7 同じく縦に並ぶ列の下から二番目のカードは、周囲の状況やお相手がいらっしゃる場合は、お相手の現在の状況を表すカードです。

 

『皇帝』

 

このカードから私が今回のリーディングで受ける印象は、現実的で実直のイメージです。

彼は…先日の喧嘩でA様にとってはお聞きになりたくない言葉をおっしゃられたかもしれません。

ですが…そこに何か彼の本意があったと感じます。

A様にとっては、受け止め難い、認めたくない彼の気持ちであったのかもしれません…

 

ですが、彼は嘘はついていないようです。彼の想いに心を開いて一度耳を傾けてみませんか…?

 

 

 

8 その一つ上のカードは、ご自身の願い、恐れや目標を表すカードです。

 

『DEATH』

 

この関係が終わってしまうのではないか…と感じていらっしゃるのですね。

変わってしまうことへの恐怖を感じます。

変化は始まりであり、先へ進むためのステップでもあります。

この恐怖を越えてゆくことがキーワードです。

 

 

 

9  縦の列の一番上のカードは、リーディングの最終結果を表すカードです。

 

『ワンドの10』抑圧

ご自身のお気持ちを抑圧し続けてしまうようです。

想っていること、感じていること、本心を言えずに悶々とした状態。

先日A様が彼にお伝えしたことは本心ではないのではないでしょうか。悔しい想い、強い気持ち、そこを彼に伝えてみませんか…?

時に、言葉と気持ちはうらはらで、そしていざという時に限って言葉は気持ちを越えない時が多々あります。

時間はかかっても良いと思います。少しずつ、ゆっくりとでもA様のお気持ちを素直に怖がらずに彼に伝えてみてください。

 

 

 

10 真ん中に一つ横になっているカードがご覧頂けますか?

このカードは、対策または障害を表すカードです。

 

『魔術師』知性とコミュニケーション

 

彼ともう一度、話し合ってみてください。

冷静に、素直にがキーワードです。

 

誤解されることを恐れずに、A様の今の素直な気持ちを彼に伝えてください。

 

 

 

 

ここからは少し今回のリーディングを全体的に見させて頂いてのお話をさせて下さいね。

 

彼とコミュニケーションをとることで、現状は良くなってゆきます。

このままお気持ちを胸に秘めて誤解をそのままにしておくのは良い方法とは言えないようです。

察して欲しい…というお気持ちもありますが、言わなければ伝わらないこともあるからです。

 

どうか彼を信じ、ご自身を信じ、お二人で一度お話し合いをしてみてくださいね。

 

まずはA様から今のお気持ちを彼に伝えてみましょう。

 

ここまでが今回のリーディングの結果となります。

いかがでしたでしょうか。

 

 

リーディング結果をご覧頂いて、リーディング結果をご覧頂いてご質問などがございましたら是非ご連絡下さい。(メール2往復までは無料です。)

まめの木。では、少しでも沢山お役に立てますよう、このリーディング後のご相談のシステムを是非お使い頂きたいと思っています。

お待ちしております。 

 

 

 

まめの木。ゆき